洋画ギャラリー

トム・クルーズが1986年に主演した映画『 トップガン 』のスチール写真 おそらく販促用、集客用だと思います。この時代になるとスチール写真単体での販売はありませんでした。

カトリーヌ・ドヌーブ主演

映画 『 昼顔(Belle de jour)』1967年

このチラシはおそらく1968年のものだと思います。関西版です。

映画 『 ローマの休日 』パンフレット A4判

1963年のリバイバル時のものと思われます。

フランソワ・トリュフォー初監督作品 

映画 『 大人は判ってくれない 』 チラシ

日比谷シャンテ・シネマ館 2 でのリバイバル時のものでしょう。

下のチラシは1994年に丸の内ピカデリーと丸の内松竹が閉館して有楽町マリオンになる前の最後の上映チラシです。

合計10作品を3~4日間、2本立てで上映しました。

1963年 リバイバル公開時に映画配給に関わった方に無料で配られた映画『 ローマの休日 』プレスシート 寸法 横:50cm 縦:25cm 購入元:ヤフーオークション 価格:5000円

1975年 初公開時に製作され配られた映画 『 ドラゴンへの道 』 プレスシート 寸法 横:51cm 縦:36cm

マリリン・モンローの映画 『 七年目の浮気 』関連を探していて アメリカのサイトで見つけました。閉じ紐用の穴を空けてしまっているので厳密に言えば 不良品になると思います。しかし、日本国内にはないものです。金額は4000円程度ですが国際送料が3000円もします。

オードリー・ヘプバーンのポスト・カードが入手できました。2002年 ロンドンで作られたものです。有名になる前のオードリー・ヘプバーンですので映画『 初恋 』 ミュージカル『 GIGI 』当時になると思われます。

こちらもポスト・カードです。日本の百貨店が催事で『 オードリー・ヘプバーン展 』を開催した時にグッズとして販売したものだと思われます。

オードリー・ヘプバーン主演 『 尼僧物語 』 スチール写真 公開当時のものではなくFOXスクリーン・フレンドが発売したものです。映画専門紙(映画の友やスタアなど)にスチール写真の組販売の広告があります。

マリリン・モンローの非常に古いポスト・カードがみつかりました。

映画 『 ローマの休日 』 本編35mmフィルム 3種類 5コマ連続

オードリー・ヘプバーンの直筆サインとなっていたパンフレット。

映画『シャレード』のパンフレットにオードリー・ヘプバーンが「ダン・ハーウェイさんへ  ありがとう  オードリー・ヘプバーン」と記しています。 購入元はヤフー・オークションです。

オードリー・ヘプバーンの直筆サインとしてヤフー・オークションに出品されていたものです。

ドイツ語で『ローマの休日』となっているポスト・カードに

幸多かれ  オードリー・ヘプバーン

と書かれています。

ポスト・カードはオーストリアのヴィーン製

best wishes

Audrey Hepburn

劇場用35mmフィルム 『 ローマの休日 』

左側の青い部分が音声記録部になります。

私の経験測からですが本編用は音声部が青、予告編部は灰色のようです。

美容院前で髪をショートカットにする前のワンシーンです。

映画 『 ローマの休日 』 35mmフィルムです。

パジャマを初めて手渡され、うれしそうなアン王女です。

このフィルムも本編用で5コマで購入しています。

35mmフィルムの販売は3コマ続きか5コマ続きです。

今回、購入した映画『ローマの休日 』はすべて同じ出品者で5コマ続きです。

上映する場合は1コマを3回投影します。

1コマを3回投影することで明暗がなく、ちらつきがなくなります。画像と音声は微妙にずれて収録されています。

理由は光と音の伝達時間が違うからです。光のほうが早く目に飛び込んできます。

35mmフィルムを3コマ販売、5コマ販売している人は結構います。映画フィルムをロールで保管する事は容易ではありません。切ってバラバラにして売った方が利益が得られます。しかし、映写は2度とできません。

プロジェクターで投影する以外に大写しすることはできなくなります。

『 ローマの休日 』のエンディング・シーンの35mmフィルム  アン王女がローマを去る前に会見をおこないます。その最前列に新聞記者 ジョー・ブラッドレー(グレゴリー・ペック)を見つけるのです。目と目だけで感情を表わした最高の1シーンです。

ジュリー・アンドリュース主演のミュージカル

『 サウンド・オブ・ミュージック 』の8mmフィルムです。

製作は東映で販売は富士フィルムになっていて製造年月日は印字されていません。販売価格は当時の金額で15800円とものすごく高価です。ただオープニングのクレジット部分が全くないのです。

おそらく東映も富士フィルムも当時、権利を全く無視して製造・販売していたのだと思われます。同封されていた当時の販売作品のタイトルを見る限り配給会社がバラバラです。

映画 『 最後のブルース・リー ドラゴンへの道 』 1972年製作 日本公開は1975年1月25日 

予告編の35mmフィルムです。

ブルース・リーの35mmフィルムはこの作品『ドラゴンへの道』以外に『燃えよドラゴン』『死亡遊戯』は流通していました。ロールではなく細切れ販売されていますが、当時の映像カメラのスピードとブルース・リーのアクションのスピードが合っていません。

ほとんどがピントぼけしています。動画で見る限りは全く問題ないのですが静止状態にするとボケています。ブルース・リーの動きが早すぎてカメラが追いつかなかったのです。

『ドラゴン危機一発』『ドラゴン怒りの鉄拳』は流通を見た事がありません。

映画 『 ティファニーで朝食を 』 予告編  35mmフィルム (青い帯は本編フィルムです。)

映画 『 シャレード 』 予告編 35mmフィルム

こちらもヤフーオークション・サイトで購入した映画『 シャレード 』予告編 35mmフィルムのコマです。

3コマ続きで出品していました。

映画 『 紳士は金髪がお好き 』 予告編 35mmフィルム 5種類の3コマ

映画 『ローマの休日 』 予告編 35mmフィルム

購入先はヤフー・オークションです。

3コマで1セットでした。

映画 『 戦争と平和 』 35mmフィルム

映画 『 死亡遊戯 』 予告編 35mmフィルム

映画 『 燃えよドラゴン 』 予告編 35mmフィルム

映画 『 麗しのサブリナ 』 本編35mmフィルム

映画 『タイタニック 』 35mmフィルム

『 タイタニック 』1997年初公開時のチラシです。東京メトロの時刻表に使用されたもので縦9cm、横13mしかありません。非常に小さいチラシです。裏には別バージョンのチラシがあります。

アメリカ雑誌 LIFE  1952年4月7日号

表紙はマリリン・モンローです。

額装してあるものは雑誌そのものです。

マリリン・モンローの肖像権は消滅していますがこの表紙には隣接権が存在しているはずです。

(東北新社に別件で電話して聞きました。)

アメリカ雑誌 TIME 1925年7月6日号

映画俳優が初めて主要雑誌の表紙を飾った記念すべき号です。表紙の画像はチャールズ・チャップリンの『黄金狂時代』

当時の娯楽鑑賞と言えば「オペラ」「ブロード・ウェイミュージカル」であり映画は下流とみなされていました。

映画 『ノートルダムのせむし男 』

1957年初公開時の東劇で販売されたパンフレット。

パンフレットを飾ったイタリアの女優ジーナ・ロロブリジーダはヨーロッパのマリリン・モンローと言われていました。

愛称のロロは乳房の意味です。

1967年5月6日号のアメリカ雑誌LIFE

エリザベス・テイラーが主演し、復活を遂げた映画『 じゃじゃ馬ならし 』がモチーフになっています。

映画 『 ボルサリーノ 』 1970年(昭和45年)初公開時のパンフレット

映画 『 太陽がいっぱい 』パンフレット

アラン・ドロンを一躍、有名俳優にした映画『太陽がいっぱい 』この映画のパンフレットとチラシは何種類も存在しています。

1954年4月19日号のアメリカ雑誌LIFEです。

表紙はオードリー・ヘプバーンで映画『ローマの休日』から3年が経ち、大女優そしてファッション・リーダーになっていました。

写真のタイトルは

Audrey Hepburn charmer in Hollywood

1953年12月7日号のアメリカ雑誌LIFEです。

タイトルは WHAT MAKES AUDREY CHARM

撮影:写真家 Mark Shaw

映画 『麗しのサブリナ 』撮影中におこなわれました。実際の写真はもっと背景が広く撮られています。

1955年9月5日号のアメリカ雑誌LIFE

タイトル: ON AN ITALIAN FARM WITH AUDREY HEPBURN

1956年8月20日号のアメリカ雑誌LIFE

タイトル:AUDREY HEPBURN AS TOLSTOY HEROINE IN “WAR AND PEACE”

映画 『 戦争と平和 』をモチーフにした表紙です。

1957年2月4日号のアメリカ雑誌LIFE

タイトル:HEPBURN AND FERRER PREVIEW OF TV MAYERLING

マイヤーリングをモチーフにしています。

1959年6月8日号のアメリカ雑誌LIFE

タイトル:AUDREY HEPBURN IN THE NUN’S STORY

映画 『 尼僧物語 』をモチーフにした表紙です。

この号を最後にオードリーが表紙を飾る事は特集号以外になくなります。合計6種、TIMEを入れると7種が一挙に展示されています。

イギリス雑誌 Picturegoer 1952年10月11日号

表紙は映画『ローマの休日』

タイトル:The Future belong to Audrey

購入先はイギリスから個人輸入しました。

映画 『 ローマの休日 』 スチール写真

この映画『 ローマの休日 』のスチール写真は映画館の集客用ではなく雑誌の原稿用に作られたものです。

上の3画像の大きさは横が約23cm、縦が約15cmと大きいです。

下の3枚は横が10cm、縦は15cmです。

映画 『 ローマの休日 』スチール写真 30枚1セットで販売されていたものです。購入先はヤフーオークションに出店している古物商でした。説明文に「雑誌スクリーンにて販売したもので裏に71と鉛筆書きされています。」となっていました。プリント紙がやや新しいもので初公開時のものではないでしょう。ただ雑誌社がスチール写真一式を実際に発売したことがあるのかは不明です。

アメリカ雑誌 TIME 1953年9月7日号

LIFEに先行してオードリー・ヘプバーンを表紙に採用したのはTIMEのほうが先です。

映画 『 ローマの休日 』が大ヒットしての採用でした。

入手先はアメリカより個人輸入しました。

1951年11月より2か月間公演されたブロードウェイ・ミュージカル「GIGI」のパンフレット、当時のものです。場所はフルトン劇場でおこなわれ観客に無料で配布されたものの中の1冊です。右の2枚の写真は同封されていましたが不一致です。

映画 『 戦争と平和 』1956年12月22日 日本公開 パンフレット

オードリー・ヘプバーン主演『戦争と平和』

1番ポピュラーなパンフレットです。

日本での初公開は1956年12月22日でした。

監督であるキング・ヴィダーがオードリーに最大限の評価の言葉を残しています。

同じく映画『 戦争と平和 』A4版パンフレット

表紙と裏表紙一体でひとつの画像になっているものです。

こちらのパンフレットは縦が18cm 横が12.8cmと非常に小さいものです。B6サイズとなっています。中はごく普通の映画を紹介するもので製作会社は博報堂になっています。

31 12 博報堂 と印刷がある事から初公開時に作られたものと予測します。

表紙の空欄にそれぞれ関連企業が判を入れるか2重印刷して配ったのでしょう。

金額は4000円で購入しました。

オードリー・ヘプバーン主演作品のパンフレット 『 ティファニーで朝食を 』は初公開時のものです。『 戦争と平和 』には14ページ目に鑑賞した日付と思われる判が打ってあり32.6.3と32.6.18とあります。『 戦争と平和 』の日本初公開は1956年12月22日(昭和31年12月)です。

ジェームズ・ディーン 3作品 パンフレット

『エデンの東 』『 理由なき反抗 』は初公開時のパンフレットです。『 ジャイアンツ 』には発行日の印刷がありませんが『ジャイアンツ』上映記念ラッキーくじ という抽選券が入っていました。特賞は自転車、1等:リコーフレックス 2等:シチズン腕時計 3等:學生服 8等まで用意してありました。

上野宝塚劇場と横浜宝塚劇場において1956年1月25日から2月7日までだけ公開された時のパンフレット。 初公開は1955年10月です。

3作品ともにB5サイズです。集英社が発行していた映画雑誌「ロードショー」の付録で『エデンの東』パンフレット復刻版があります。PICCADILLYのYの横に集英社もしくは復刻版の文字がありますので見分けられます。

映画 『 エデンの東 』 1955年10月4日 日本公開 スチール写真

25.3×20.0cm  大判のスチール写真です。

映画『理由なき反抗』のスチール写真4枚を購入したところ「おまけです。」とメモ書きされて同封されていました。

映画 『 エデンの東 』のスチール写真は調布市で見つかった2500枚以上に及ぶ中から見つけ出しました。ジェームズ・ディーンは1955年9月30日に自動車事故で亡くなりました。

映画 『 理由なき反抗 』 大判スチール写真

映画 『 ラスト・コンサート 』は現在でもファンが多く、主題歌、挿入歌である「ステラに捧げるコンチェルト」には多くのメッセージを頂いています。

映画 『スターウォーズ エピソード4』は元々、単に『スターウォーズ』でした。続編も進行中ですが、初公開時のエピソードに至るまでの経緯を製作したため今ではエピソード4となっています。

映画 『 ウエスト・サイド物語 』のパンフレットは数種類存在します。シェークスピアの『ロミオとジュリエット』を現代版ミュージカルに置き換えた傑作です。歌は吹き替えで製作されていてナタリー・ウッドは歌っていません。歌っているのはマーニ・ニクソンです。

映画 『 ローマの休日 』がフランスでリバイバル上映された時に製作されたチラシになります。この時には『ティファニーで朝食を』との2本立てでした。

『 風と共に去りぬ 』 1952年9月4日発売 有楽座パンフレット 初版

映画 『 風と共に去りぬ』 日本初公開時の有楽座パンフレット 1952年9月4日発売

この作品は1939年に製作されていますが日本での公開は1952年です。

オリヴィア・デ・ハヴィランドは助演女優賞ノミネートまででした。共演しているハティ・マクダニエルが受賞して黒人初のオスカー受賞者になりました。

上の画像である3つ折りチラシに同封されていたものです。裏はすべて英語表記です。

(3つ折りチラシと毎日新聞社主催の印刷物はレプリカです。)

映画 『 風と共に去りぬ 』ポスター、パンフレットの表紙で1番ポピュラーな構図です。

映画『 ニュー・シネマ・パラダイス 』でも観る事が出来ますので世界的に有名な図柄です。(ただし、アメリカ公開時にはまったく違うポスターが使われています。)

戦前の洋画のチラシ グレート・ワルツ (The Great Waltz)1938年(昭和13年)アメリカ作品

ジュリアン・デュビビエ監督

ルイーゼ・ライナー(Luise Rainer)というドイツ人女優が主演したMGM製作の日本公開時のチラシで二つ折りになっています。

横:26cm 縦:15cm

104歳で亡くなりました。

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が残されています。

戦前映画 『 美しき爭ひ(Conflct) 』1938年(昭和13年)フランス作品

西ドイツ版『 ローマの休日 』 二つ折りチラシ (西ドイツ初公開時に製作されたものらしい)

西ドイツ版『 ローマの休日 』 二つ折りチラシ (西ドイツ初公開時に製作されたものらしい)

西ドイツ版 『 許さざる者 』二つ折りチラシ (西ドイツ初公開時に製作されたものらしい)

1969年製作、1970年の日本初公開時の映画『明日に向かって撃て!』チラシです。

この作品は1970年2月7日に公開されています。

1970年のアメリカ・アカデミー賞7部門にノミネートされ、うち4部門を受賞しました。

バート・バカラック作曲「雨にぬれても」は永久不滅の名曲です。

ジェームズ・スチュアート主演 1957年8月15日に初公開された映画『翼よ!あれが巴里の灯だ』のパンフレットです。こちらは1966年4月に製作されたもので初版ではありません。

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが1973年に共演した映画『 スティング 』

リバイバル公開時のチラシです。主題曲 The Entertainer は映画音楽の中でも非常に有名で、現在でもテレビ番組などBGMで聴きます。主題曲が映画を離れてひとり歩きしていると言えるでしょう。

『 サウンド・オブ・ミュージック 』は1965年公開の映画です。このパンフレットはリバイバル時のものであろうと思われます。

もともとは1959年初演のミュージカルで、映画でも使われている名曲エーデルワイスはオスカー・ハマースタインⅡ世の遺作になります。

原作は「菩提樹 」で史実に沿って製作されているのは映画『 菩提樹 』と『 続 菩提樹 』です。

チャールズ・チャップリン主演作品『 ライム・ライト 』 1952年のアメリカ作品です。

チャップリンがアメリカで製作した最後の作品であり、素顔を現わにした最初の作品です。

非常に古いパンフレットでおそらく裏表紙の宣伝などから昭和20年代後半から30年代に作られたものだと思います。

American Movie Weekly となっていますので初公開時のパンフレットではないと思われます。

1988年のイタリア映画 『 ニュー・シネマ・パラダイス 』のチラシです。

20世紀を前後半に分けるとしたらイタリア映画 20世紀後半における最高傑作であり最高な主題曲ではないでしょうか。

1986年のアメリカ映画 『 愛は静けさの中に 』

主演女優のマリー・マトリンは最年少21歳でのデビュー作品でアカデミー主演女優賞を獲得しました。

美しい絵画のようなパンフレットです。比較的、近年の作品ですので入手しやすいです。

ロバート・デ・ニーロが主演、『 タクシー・ドライバー 』のチラシと入場券の半券です。

もし1976年10月に公開された映画『 ロッキー 』が翌年の上映になっていたら1977年のアカデミー賞の多数部門を受賞できたと思います。

1955年公開のイタリア映画 『 河の女 』パンフレット おそらく初公開時のものだと思います。

ソフィア・ローレンが歌う Manbo Bacan がヒットしました。

ソフィア・ローレンがまだハリウッドに進出する前の映画です。

イギリスの女優 デボラ・カーがまだハリウッド映画に出演する前の映画『 黒水仙 』 初版のパンフレットです。

この『 黒水仙 』のパンフレットは関東版も関西版、さらにリバイバル版も同じ構図を使用していますので判りづらいです。

調布の古物商に持ち込まれた古い洋画のスチール写真です。1940年代以降に映画専門雑誌の原稿に使用されていたものらしいです。スチール写真が入っていた封筒に映画評論家の名が書いてあるものがみつかっています。映画のタイトルがわからないものもございますのでお力をお貸しください。(解読不明な文字なのです。)

Translate »
PAGE TOP ↑