『ベン・ハー』 3回目の映画化は超大作

公開日: 

『ベン・ハー(Ben-Hur)』は1907年、1925年にも映画化されておりチャールトン・ヘストン(Chalton Heston)主演による制作で3回目になります。上映時間212分、総製作費15000000ドル(54億円:当時)の超大作でMGMの運命をかけ制作され、大成功をおさめ倒産をまぬがれた経緯があります。

映画『ベン・ハー』(Ben-Hur)1959年制作・公開 アメリカ映画

第32回アカデミー賞で11部門を受賞、現在でも最多受賞作品になります。主演男優賞、チャールトン・ヘストン 助演男優賞をヒュー・グリフィスが獲得しています。音楽を担当したのはミクロス・ローザ(Miklos Rozsa)で3回目の受賞となりました。

オリジナル・サウンド・トラック盤は指揮者、カルロ・サヴィーナ 演奏、ローマ交響楽団による楽曲とされております。

映画『ベン・ハー』original sound track  1959年

この音源は映画に使用されたものとは異なります。オリジナル音源はレコード化されていないようです。

映画『ベン・ハー』オリジナル音源 original sauce 1956年

主人公のベン・ハー役には当初、ポール・ニューマンが有力視されていたのですが自身の肉体がギリシャ彫刻(神話)にふさわしくないという理由で断っています。

映画『ベン・ハー』予告編 Ben-Hur  Trailer  1959年

ミクロス・ローザはアカデミー賞に17回もノミネートされおります。

アルフレッド・ヒッチコック監督、イングリッド・バーグマン主演の『白い恐怖』(1944年公開)と1947年公開の『二重生活』が受賞作品になります。

映画『白い恐怖(Spellbound)』original sound track  1944年

映画『二重生活(A Double Life) original sound track  1947年

映画『予期せぬ出来事』(1963年)の音楽も作曲しています。この映画は『風と共に去りぬ』の主演女優、ヴィヴィアン・リーの不倫による逃避行の際、飛行機が欠航してしまい元の鞘に戻っていく実話を映画化したものです。

映画『予期せぬ出来事』「プレリュード」 original sound track  1963年

映画『予期せぬ出来事』「愛のテーマ」 original sound track  1963年

下にある映画『ベン・ハー』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでレンタルする際に間違えないよう同映画に直接移行いたします。またサイト内にある「関連動画」ではこの映画の一部が無料配信されております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑