『シェーン(Shane)』 新聞記者から西部劇のヒーローへ

公開日: 

映画『シェーン(Shane)』は1953年のアメリカ西部劇映画で主演はアラン・ラッド(Alan Walbridge Ladd)です。もともとB級映画の主演者で名優とはほど遠い存在だった俳優でした。1941年にオーソン・ウェルズ監督の映画『市民ケーン』に新聞記者役の出演があるくらいです。

映画『シェーン(Shane)』予告編 1953年 Trailer

音楽を担当したのはヴィクター・ヤング(Victor Young)で邦題を「遥かなる山の呼び声」といいます。アカデミー賞に22回ノミネートされていますが生前の受賞はありません。

映画『シェーン』 original sound track 1953年

1943年には映画『誰が為に鐘は鳴る(For Whom the Bell Tolls)』を作曲、1945年には映画『ラブレター(Love Letters)』を作曲しています。

映画『誰が為に鐘は鳴る』 original sound track 1943年

1949年には映画『愚かなり我が心(My Foolish Heart)』の作曲もおこない、名曲としてさまざまなアーティストがカヴァーしています。動画中で歌っているのは主演のスーザン・ヘイワード(Susan Hayward)ですが残念ながらレコード化はされていないようです。

映画『愚かなり我が心』Margaret Whiting

ヴィクター・ヤングは1956年11月10日に脳出血でこの世を去りますが1956年10月17日に公開された映画『八十日間世界一周(Around the World in 80Days)』の主題曲を作曲し、翌年のアカデミー賞を受賞しました。没後の受賞になります。

映画『八十日間世界一周』original sound track 1956年

下にある映画『シェーン』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでレンタルする際に間違えないよう同映画に直接移行いたします。またサイト内にある「関連動画」ではこの映画の一部が無料配信されております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑