『ラストコンサート』 生きる勇気を与えた天使の涙

公開日: 

映画『ラストコンサート(伊:Dedicate a una stella  英:The Last Concert)は1976年公開のイタリア映画ですが撮影のほとんどをフランスでおこない、台詞は英語のみで日本での公開時にはあまり話題にはなりませんでした。オリジナル・サウンド・トラック製作時には原曲に台詞を挿入して編集されています。

映画『ラストコンサート』original sound track 1976年

しかし、当時のFM局が「甘く美しいメロディの映画音楽」として放送を繰り返し観客が増え、映画そのものの内容も評価が高まり、現在でも思い出の一作に挙げるファンは多いようです。

映画『ラストコンサート』original souece 1976年

作曲はイタリア・ローマ出身のステルヴィオ・チプリアーニ(Stelvio Cipriani)でヨーロッパ映画を中心に楽曲を提供しています。

映画『ラストコンサート』より「ステラに捧げるコンチェルト」

 Adagio Concerto  original sound track 1970年

映画『ベニスの愛(Anonimo Veneziano)』の音楽を担当したのもステルヴィオ・チプリアーニです。

映画『ベニスの愛』 original sound track  1970年

「Anonimo Veneziano」は1971年度のナストロ・ダルジェンド作曲賞を受賞しており、ポール・モーリア、リチャード・クレイダーマンなどがカバーしています。

ナストロ・ダルジェンド賞とはイタリアにおける映画賞のこと。外国映画であっても作曲者がイタリア人の場合は対象となる。

1970年に作曲した『ベニスの愛』と同年に公開された映画『ある愛の詩』の主題曲が類似していることが話題になりましたがプチリアーニの方が半年早く作曲していてフランシス・レイとの間で盗作問題化しそうになった経緯があります。

映画『ある愛の詩』original sound track 1970年

この闘争はフランシス・レイの両親がプチリアーニ同様イタリア人であった為、お互いに争うよりも良き友人関係を築いたほうが得策となり和解しました。

下にある映画『ラストコンサート』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでレンタルする際に間違えないよう同映画に直接移行いたします。またサイト内にある「関連動画」ではこの映画の一部が無料配信されております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑