『誇り高き男』 OneではなくOnesなのです。

公開日: 

映画『誇り高き男(The Proud Ones)』は小説「不屈の男」を原作とした1956年のアメリカ映画で主題曲を担当したのはライオネル・ニューマン(Lionel Newman)になります。印象的な口笛を取り入れたものがオリジナル・サウンド・トラック盤になります。

映画『誇り高き男』 original sound track 1956年

映画『誇り高き男』予告編 Trailer 1956年

ライオネル・ニューマンはアルフレッド・ニューマン(Alfred Newman)の弟です。20世紀FOXのオープニング・テーマ曲やMGMのオープニング・テーマ曲の作曲者として20世紀の映画音楽には欠かせない兄弟です。MGMのオープニングは映画『風と共に去りぬ』の冒頭に録音されているものがあります。

20世紀FOXオープニング・タイトル・テーマ曲(20th Century Fox Theme)

MGM Opening Theme & Gone with the Wind  original sound track

マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)が歌った映画『帰らざる河(River of No Return)』はライオネル・ニューマン作曲、ケン・ダービー(Ken Darby)が歌詞を付けて大ヒットしました。

映画『帰らざる河』 original sound track 1954年

1970年には映画『ハロー・ドーリー!(Hello Dolly!)』でアカデミー賞のミュージカル音楽賞を受賞しています。ただし、この楽曲の作詞、作曲者はジェリー・ハーマン(Jerry Herman)で音楽部門の責任者がライオネル・ニューマンでした。

映画『ハロー・ドーリー』 original sound track 1969年

現在(2019年6月6日)TUTAYAディスカスでのレンタルはございません。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑