『太陽の誘惑(I delfini / The Dauphins)』

公開日: 

映画 『太陽の誘惑(I delfini / The Dauphins)』は1960年製作のイタリア作品で日本での公開は1961年fでした。監督はフランチェスコ・マゼッリ(Francesco Maselli)、音楽はジョヴァンニ・フスコ(Giovanni Fusco)が作曲したものに フランチェスコ・マゼッリ 監督、ジュゼッペ・カッシア、歌手のニコ・フィデンコ(Nico Fidenco)の3人が歌詞を共同で書いています。歌っているのはニコ・フィデンコです。

映画 『太陽の誘惑 』 Su Nel Cielo  original sound track  1960.

映画 『 太陽の誘惑 』 What a sky  original sound track  1960.

主題歌はニコ・フィデンコによって英語バージョンとイタリア語バージョンの録音があります。英語のタイトルはWhat a skyでイタリア語タイトルはSu Nel Cieloです。曲は同じです。ジョヴァンニ・フスコ(Giovanni Fusco)は1959年の映画で日本を舞台にしている『二十四時間の情事(Hirosjhima mon amour)の楽曲をジョルジュ・ドルリュー(Georges Delerue)と担当しています。

映画 『 二十四時間の情事 』 original sound track  1959.

映画 『太陽の誘惑 』の主演女優はクラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale)で1963年の映画『ピンクの豹(The Pink Panther)』では女王役、同年の映画『ブーベの恋人(La Ragazza di bube)』でも主演を務めています。

映画 『 ピンクの豹 』 original sound track  Henry Mancini  1963.

映画 『ブーベの恋人 』 original sound track   Carlo Rustichelli   1963.

フランチェスコ・マゼッリ監督は1955年の映画『逃亡者(Gli Sbandati)』ではイザ・ミランダ(Isa Miranda)を主演に起用しています。音楽を担当したのはジョヴァンニ・フスコ(Giovanni Fusco)です。1968年の映画『恋人泥棒(A Fine pair)』ではクラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale)を主演させています。音楽を担当したのはエンニオ・モリコーネ(Ennnio Morricone)です。

映画『逃亡者(Glisbandati)』 original opening source  1955.

映画『恋人泥棒(A Fine pair)』 original sound track  1968.

下にある映画『 太陽の誘惑 』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでこの作品を検索する際に間違えないよう同作品に直接移行いたします。またサイト内には『あらすじ』及び作品情報、スタッフ・キャスト情報が閲覧できます。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑