『007 ドクター・ノオ』 牛乳配達からのし上がったショーン・コネリー

公開日: 

映画『007ドクター・ノオ(Dr.No)』は1962年のイギリス・アメリカ合作映画で当時「007は殺しの番号」という邦題がつけられました。

小説家イアン・フレミング(Ian Lancaster Fleming)の書いた「007」シリーズにおける第6作目であり、映画化された第1作目です。

『007 ドクター・ノオ』original sound track 1962年

音楽を担当したモンティ・ノーマン(Monty Norman)による「James Bond Theme」がメイン・テーマとして使われ、007シリーズ全体の楽曲に影響を与えることになります。

当初の予定では『007 サンダーボール作戦(Thunderball)』が第1作目として映画化される予定でしたが著作権の問題からSF性の高い『ドクター・ノオ』が先行し映像化しました。

映画『007 サンダーボール作戦』 original sound track 1965年

『007 サンダーボール作戦』の主題曲はジョン・バリー(John Barry)になります。『007 ドクター・ノオ』の主題曲もモンティ・ノーマン・オーケストラ盤とジョン・バリー・オーケストラ盤の二種類があり、007シリーズにおけるジョン・バリーという音楽家の影響力は非常に大きいものになりました。

映画『007 ドクター・ノオ』 予告編 1962年 Trailer

主役のジェームズ・ボンドにはショーン・コネリー(Sir Thomas Sean Connery)のほか3代目ボンドとなるロジャー・ムーア(Sir Roger George Moore)の名前も当初から挙がっていました。この二人は無名時代からの親友だったそうです。

ショーン・コネリーが最初に得た職は牛乳配達員で、重量挙げコンテストに出場し3位となった事がきっかけとなり演技への道に進んでいきます。ジェームズ・ボンド役を得る前の出演作には映画『史上最大の作戦』がありますが重要な役どころではなくジェームズ・ボンドが知名度を上げる事になりました。

The name is Bond . James Bond」はショーン・コネリーの台詞で「アメリカ映画の名セリフベスト100」に選ばれています。

下にある映画『007 ドクター・ノオ』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでレンタルする際に間違えないよう同映画に直接移行いたします。またサイト内にある「関連動画」ではこの映画の一部が無料配信されております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑