『或る夜の出来事(It Happened One Night)』アカデミー賞主要5部門を独占したはじめての映画作品

公開日: 

映画『或る夜の出来事(It Happened One Night)』は1934年のアメリカ作品でアカデミー賞における主要5部門を独占したはじめての映画になります。この記録は1975年の映画『カッコーの巣の上で(One Flew Over the Cuckoo’s Nest)』までありません。

映画 『 或る夜の出来事 』 予告編 Trailer 1934.

監督はフランク・キャプラ(Frank Russell Capra)、脚本:ロバート・リスキン(Robert Riskin)で1931年の映画『奇蹟の処女(The Miracle Woman)』の製作からコンビを組んでいました。映画にセリフが入る、いわゆるトーキー時代5年目の作品ですが、完全にトーキー製作スタイルをマスターした映画に仕上がっています。

映画 『 或る夜の出来事 』 original sound track 1934.

演はクラーク・ゲーブル(Clark Gable)とクローディト・コルベール(Claudette Colbert)です。二人ともこの作品でオスカーを獲得しましたが実は両者とも出演には前向きではありませんでした。とくにクローディト・コルベールは「金持ちの娘」役を嫌い、出演の条件として「撮影期間は4か月間だけ、出演料は5万ドル」という法外な条件提示をしたそうです。さらにアカデミー賞の授賞式当日にも旅行の予定を入れていました。

音楽を担当したのはルイス・シルヴァース(Louis Silvers)で1927年にワーナー・ブラザーズが製作にふみ切った初のトーキー映画である『ジャズ・シンガー(The Jazz Singer)』の音楽を担当しています。

映画 『ジャズ・シンガー(The Jazz Singer)』 1927.

また1934年には映画『恋の一夜(One Night of Love)』の音楽を担当し第1回アカデミー作曲賞を受賞しました。ただし、主題歌であるOne Night of Loveの作曲者はヴィクター・シャーツィンガー(Victor Schertzinger)、作詞はガス・カーン(Gus Kahn)、歌っているのは主演俳優のグレース・ムーア(Grace Moore)です。

映画 『 恋の一夜 』 original source 1934.

1937年のタイロン・パワー(Tyrone Power)主演映画『シカゴ(In Old Chicago)』では音楽監督を務めアカデミー作曲賞にノミネートされています。

映画 『 シカゴ 』 original source  1937.

下にある映画『或る夜の出来事』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでこの作品を検索する際に間違えないよう同作品に直接移行いたします。またサイト内には『あらすじ』及び作品情報。スタッフ・キャスト情報が閲覧できます。ユーザー・レビューの募集もおこなっております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑