『過去をもつ愛情(Les Amants du Tage)』 運命、宿命を映画音楽にした作品

公開日: 

映画『過去をもつ愛情(Les Amants du Tage)』は1956年のフランス作品で妻を殺してしまった男と財産欲のために夫を殺害した女の恋愛物語です。フランスの作家ジョセフ・ケッセル(Joseph Kessel)が1954年に発表した小説「恋路(Les Amants du Tago)」が原作とされています。カトリーヌ・ドヌーブ(Catherine Deneuve)が主演した1967年の映画『昼顔(Belle de jour)』の原作者でもあります。Les Amants du Tago を直訳すると「テージョ川の恋人たち」になります。

映画 『 過去をもつ愛情 』 予告編 Trailer 1956.

この映画で特筆すべきは挿入歌として使われた「暗いはしけ(Barco Negro / Black Boat)」というファド(fado:宿命)といわれる曲にあります。作曲者はブラジル人のカコ・ヴェーリヨ(Caco Velho)とピラティーニ(Piratini)の共作になっています。

映画 『 過去をもつ愛情 』 original source 1956. アマリア・ロドリゲス(Amália Rodrigues)

曲名は邦題で「暗いはしけ(艀)」と訳されてしまっていますが誤訳であり本来は「黒い小舟」が正しいでしょう。ただし元々のタイトルは「黒い母」であるという説もあります。漁に出たまま難破し戻ってこない夫の身を嘆く内容の歌です。この映画のためにダヴィー・モーラン・フェレイラという詩人が(David Mourão-Ferreira)が歌詞を書き、さらにミシェル・ルグラン(Michel Legrand)が編曲をおこなっています。
アマリア・ロドリゲス(Amália Rodrigues )はファドの女王と称されたポルトガルのカリスマ的な歌手でこの映画『Les Amants du Tage』に使われた楽曲によって世界的な知名度を得ることになりました。

映画 『 過去をもつ愛情 』より「孤独(Solidao)」

監督は映画『ヘッドライト(Des Gens Sans Importance)』のアンリ・ヴェルヌイユ(Henri Verneuil)で同じ1956年に公開されました。

映画 『 ヘッドライト 』original sound track 1956.

主演はフランソワーズ・アルヌーユ(Francoist Arnoul)とダニエル・ジェラン(Daniel Gelin)になります。

レンタルサイトのTUTAYAディスカスではこの映画『過去をもつ愛情』は検索できませんでした。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑