『雨に唄えば』静かな映画館に笑いあふれるミュージカル

公開日:  最終更新日:2019/03/17

『雨に唄えば』(Singin’ in the Rain)は1952年公開のアメリカ・ミュージカル映画史上最高傑作とされています。

アメリカ映画協会(AFI)ミュージカル映画ベストの第1位。

アメリカ映画ベスト100では第10位。

アメリカ映画主題歌ベスト100では第3位にランキングされた実績があります。

この曲は元々、ポピュラーソングで映画の為の書き下ろしではない事、またいろいろな映画に使用されている曲ですので主題曲部門の第3位は映画『雨に唄えば』だけでの功績ではありません。映画『時計仕掛けのオレンジ(1971年)』でも使われております。

作曲:ナシオ・ハーブ・ブラウン  作詞:アーサー・フリード

映画『雨に唄えば』 歌:ジーン・ケリー original sound track

『トップ・ハット』(1935年)『バンド・ワゴン』(1953年)『巴里のアメリカ人』(1951年)と並ぶミュージカル映画の傑作と言われています。(前2作品の主演はフレッド・アステア、『巴里のアメリカ人』と『雨に唄えば』の主役はジーン・ケリーです。)

         映画『トップ・ハット』 original sound track

映画『バンド・ワゴン』よりザッツ・エンターテイメント original sound track

                      映画『巴里のアメリカ人』original sound track

最初にこの楽曲を使用した映画は1929年の『ハリウッド・レヴィユー』で英字タイトルでは「The Hollywood Revue of1929」と年代が入っており、この当時のハリウッド・スター大集合的な内容でした。

『雨に唄えば』本編にも登場しますがトーキー初の映画『ジャズ・シンガー』の公開が1927年10月6日ですから、無声映画からトーキーへの変遷期に活躍した俳優たちにとって記念すべき作品であった事でしょう。

世界初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』ポスター

『雨に唄えば』は制作時にオープニングタイトルにもエンド・ロールにもクレジットを入れ忘れており著作権明記がないパブリック・ドメインです。

下にある映画『雨に唄えば』のポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスの同名映画に直接移行するようになっており、間違わずレンタルすることができます。また「関連動画」内には予告編を含め、この『雨に唄えば』の映画の一部をご覧いただけます。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑