『鞄を持った女』 若い未亡人との結ばれぬ純愛

公開日: 

『鞄を持った女』(La Ragazza con la Valigia)は1961年のイタリア映画で音楽を担当したマリオ・ナシンベーネ(Mario Nascimbene)は当時のイタリア映画音楽界ではニーノ・ロータ(Nino Rota)と並ぶ2大巨匠と言われていました。

映画『鞄を持った女』 original sound track 1961年

主演は当時、まったく無名であったクラウディア・カルディナーレ(Claudia Cardinale)を起用し2年後、映画『ブーベの恋人』で大女優の仲間入りを果たすことになります。

映画『ブーベの恋人』 original sound track 1963年

1969年には映画『SOS北極…赤いテント』でショーン・コネリーと共演、『ピンクパンサー』シリーズの第1弾であった映画『ピンクの豹』にも出演しています。

この時代の大女優をアルファベットの頭文字で表すとMMはマリリン・モンロー、BBがブリジット・バルドー、そしてCCがクラウディア・カルディナーレでした。

映画『SOS…赤いテント』 original sound track 1969年

監督であったヴァレリオ・ズルリーニ(Valerio Zurline)はこの映画『鞄を持った女』が最初のヒット作になり、クラウディア・カルディナーを有名女優にし1966年には映画『国境は燃えている』(Le soldatesse)の監督を務めました。主題曲は同じくマリオ・ナシンベーネです。

映画『国境は燃えている』 original sound track 1966年

1972年にはアラン・ドロン主演で映画『高校教師』(La Prima Notte di Quiete)を製作しましたが、撮影中の演技トラブルが絶えなかったと言われています。のちに日本でドラマ化された「高校教師」のオリジナルでもあります。長年、「アルコール依存症」に苦しみ56歳で死去しました。

下にある映画『鞄を持った女』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでレンタルする際に間違えないよう同映画に直接移行いたします。またサイト内にある「関連動画」ではこの映画の一部が無料配信されております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑