『パピヨン(Papillon)』 スティーブ・マックィーンとダスティン・ホフマンの共演が話題となった映画

公開日: 

映画『パピヨン(Papillon)』は終身刑を受けた男が脱獄を謀りベネゼエラの市民権を得る真実に基づいた原作を1973年に映画化、スティーブ・マックイーン(Terence Steven McQueen)とダスティン・ホフマン(Dustin Hoffman)の2大スター共演が話題になったアメリカ・フランス合作映画です。

映画『パピヨン』予告編 1973年 Trailer

音楽を担当したのはジェリー・ゴールドスミス(Jerry Goldsmith)でこの曲はアカデミー作曲賞のノミネートまででした。生涯で170作品以上の映画音楽を手掛け18回もアカデミー賞にノミネートされていますが受賞曲は1976年の映画『オーメン(The Omen)』だけです。

映画『パピヨン』 original sound track 1973年

ジェリー・ゴールドスミスは事務員としてCBSに雇用されましたが、音楽的才能を評価され映画『慕情(Love is a Many=Splendored Thing)』で音楽を担当したアルフレッド・ニューマン(Alfred Newman)の推薦を受けて映画音楽家となっていきます。なお、映画『慕情』の作曲者はアルフレッド・ニューマンではなくサミー・フェイン(Sammy Fain)です。

映画『慕情』 original sound track 1956年

映画『オーメン』 original sound track 1976年

映画の画面に合わせた効果的音源の付け方や音の有無の的確な判断は他の音楽家の追従を許さない才能の持ち主であり、同時にメロディーメーカーという側面も兼ねそなえた作曲家でした。

映画『パピヨン』が公開された1973年は映画音楽史に残る名曲が多く、この年のアカデミー作曲賞は映画『追憶(The Way We Were)』でした。作曲はマーヴィン・ハムリッシュ(Marvin Hamlish)歌はバーブラ・ストライザンド(Barbra Streisand)です。

映画『追憶』 original sound track 1973年

また1973年アカデミー編曲・歌曲賞は映画『スティング(The Sting)』の「エンターティナー」でした。

映画『スティング』 original sound track 1973年

ジェリー・ゴールドスミスは1975年には映画『風とライオン(The Wind and the Lion)』を1976年には映画『カサンドラ・クロス(The Cassandra Crossing)』を作曲しています。

映画『風とライオン(The Wind and the Lion)』 original sound track 1975年

映画『カサンドラ・クロス』 original sound track 1976年

1979年の映画『大列車強盗(The First Great Train Robbery)』の作曲者でもあります。映画『2001年宇宙の旅(2001:A Space Odyssey)』の楽曲も手掛けましたが採用はされませんでした。

映画『大列車強盗』 original sound track 1979年

下にある映画『パピヨン』ポスターはレンタル・サイトのTUTAYAディスカスでレンタルする際に間違えないよう同映画に直接移行いたします。またサイト内にある「関連動画」ではこの映画の一部が無料配信されております。ご活用ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »
PAGE TOP ↑